任意整理について

任意整理というものは自分自身で全てのことをやらなくてはならない他、法律的な力を借りることができないため、社会的に弱い立場にあるということは確かでしょう。しかし、特定調停にもデメリットというものは存在しており、どのようにして、なるべく早く解決を行うのかという点についてはほとんど考慮されないということです。

任意整理

つまり、あなた自身が一刻も早くこの借金問題を解決したいという風に考えている場合などにおいては、どれくらいの過払い金まで手をつけるのかという点や、金融業者との間の駆け引きといったものが十分に考慮されていない点などは、デメリットとして挙げられると言えるでしょう。

決算期であったり、時間の期限などを利用した整理の方法が、うまく活用できないということは、特定調停の難しい点であると言えるかもしれません。

また、任意整理であっても、ほとんどの工程を弁護士にお願いした場合などと比べて特定調停の場合などには、裁判所に自分自身で出向いて話を聞いたり交渉を行ったりする必要があるため、やや手間がかかるということは確実に言えるでしょうし、もしも、あなたがフルタイムで仕事をしている社会人などであった場合には、借金の整理を一気に行うというパターンの一つとしては、特定調停はあまり向いていないといえてしまうかもしれません。


後悔しないためにも専門家に相談する

専門家に相談

裁判所が仲介に当たっている場合においては、返済額の大きな減額などは見込めず、ある程度の法律の範囲内で収めるということしかしてくれないため、自分自身が驚くような成果は見込めないと見ていいかもしれません。

借金の減額を大幅なものとするためには、法律に詳しく資格を持った専門家に相談してやってしかないということが言えるかもしれませんが、そのような方法で、借金を大幅に減額している人もいるわけですから、希望を持つべきと言えるのではないでしょうか。

話し合いによって解決するという精神が、特定調停の最も基礎にあるという風に言えるとするならば、お互いにとって、受け入れられる妥協案なるものを探すような形になるため、十分に満足した結果を得られるということは、少ないということは容易にわかるのではないでしょうか。