住宅ローンと債務整理

債務整理を行うと様々な財産が没収されてしまうことが多いため、特に持ち家を持っている人の場合には最も高額な資産である住宅が真っ先に差し押さえられてしまうことが少なくありません。

しかし、住宅は生活を営む上で非常に重要なものであり、これを失ってしまうと生活の再建ができなくなってしまうことも多いものです。そのため債務整理を行う際には、住宅ローンの返済をそのまま継続することを条件に、その他の資産を処分しながら借金の減額を行う方法がいくつか用意されています。

特定調停や民事再生、個人再生などがこれに該当し、裁判所が介入することによって債権者に対して特別な措置を行うことが可能となります。一般的には住宅ローンが非常に大きな負担となっていることも多いのですが、これを整理してしまうと一般的にはその住宅が担保となっていることが多いため、没収されてしまうことが少なくありません。

これを避けるために特定調停や民事再生、個人再生などの方法を利用して住宅を残すことが可能となっています。

任意整理はこれでバッチリのトップに戻る