債務整理しても携帯を使えるのか

債務整理をする際に携帯やスマホなどを使い続けられるのか気になりますが、料金の未納や端末料金の残債がなければ問題なく使えます。しかし、そうでない場合には影響が出るので注意が必要です。

まず、端末料金の支払い状況は信用情報機関で管理されているため債務整理すると記録されて滞納情報が残り、携帯を使えなくなります。利用料金はTCAという別の業界団体で共有されており、滞納が理由で解約されるとその情報が記録され、新規契約も乗り換えもできません。

債務整理の中でも個人再生や自己破産は対象にする債務の選択ができないため、滞納していると解約される可能性が高いです。債務整理で携帯が解約されなかった場合でも、今後端末の買い替えを行うときなどに分割払いで購入ができなくなります。分割払いでは審査があるため、信用情報機関に事故情報が残っている期間は通らなくなり、一括払いだけになります。

また、債務整理をする前に未納を解消すれば良いわけではありません。個人再生や自己破産は一部の債務者のみへの弁済が禁止されているため、無断で一括払いするとこれに抵触する可能性があります。

任意整理はこれでバッチリのトップに戻る